2007年12月12日水曜日

可愛いパテシエ

今週、店が休みの火曜日、我が家に可愛いお客さんがやって来た。

先日5歳の彼女から「ケーキ作りを教えて下さい」との依頼を受けていたのだ。「私は将来パテシエになりたいんです」と5歳とは思えないしっかりとした口調で聞いた時には全く驚いた。

卵、バター、粉類を合わせて型に流しいれて焼くだけの簡単なマフィンに挑戦。普段私が使っている漉し機も攪拌機も彼女の手にはかなり大きく思わぬ苦労がある。卵をポンと割る事もなかなか大変そうだ。それでも少々の失敗に物怖じする事も無く作業は終了。オーブンに入れて焼くとみるみる膨れていく生地を心配そうに何度も見つめる。焼きたての熱々のマフィンを試食して「今度はくる実入りを作ろう」とやる気満々。二回の作業で10個余りのマフィンが出来上がり、をお父さんや幼稚園の先生へのお土産にと箱詰めして満足気に帰って行った。

物作りは楽しい。ましてこれが甘いお菓子ともなると尚更だ。
この日はそんな楽しみを5歳の少女と共有できて私も満足だった。

さて、インドには「食べてはいけないお菓子」と言うのがあるらしい。
4切れのお菓子が出されると2個は食べても良いが、後の1個は勧められれば食べても良く、最後の1個は絶対に残さなくてはいけないとか。
これは「京のぶぶ漬け」的風習に似ているなーと思う。食べてはいけない物なら最初から出さないでよー!私はこの手の回りくどい、判り難い風習がとても苦手だ。










2 件のコメント:

kingyo さんのコメント...

先日は有難うございました。とっても楽しかったです!
クラスの友達へプレゼントする予定が、どんどん増えていき「みんなに食べてもらいたいんや~!!」大騒ぎでした・・・
次の日、大好きな男の子に渡すため!突進していきました。誰に似たのかオーバーリアクション・・;「おか~さんにわたしといて」と逃げていった彼・・残念!ジャングルジムのてっぺんで一人拗ねている娘をなだめる為、その日もマフィンを作ることになりました。
粉を持って帰ってよかった!

lushlife さんのコメント...

今日も5歳のパテシエはお餅丸めに大活躍でした!この調子だとホンマに将来はパテシエになるかもよ!