2008年8月28日木曜日

アフガニスタンからの悲しい知らせ

NGO「ペシャワール会」ボランティアの伊藤和也さんが拉致され遺体で発見された。

「アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に戻すお手伝いをし、子どもたちが将来食料のことで困ることのない環境に少しでも近づけることができるよう、力になれればと考えています。」

これは彼が現地で働く前に語った志望動機の一部だ。
親なら誰しもが思う我が子の幸せ、その子がおなかいっぱい食べられる事がどれ程幸せか。
そんな親が子を想う様な愛情の詰まった国造りを目指し、アフガニスタンに捧げた彼の志が尊い。
彼の想いは日本人としてではなく、同じ人間としての想いだったに違いない。国境も宗教も政治も無関係の働きである。
そんな伊藤さんがもし日本人であるから殺されたなら、その犯人に聞きたい。あなたは何が幸せだと言うのかと。

2 件のコメント:

Sakon さんのコメント...

ペシャワール会の事件は善意が踏みにじられた感じで、とても憤りをおぼえるし、ショックです。わたしの知り合いやお客さんに会員の人が何人かおられるので、お尋ねしましたが、みなさん落胆されているようでした。中村哲さんは年に1・2度京都で講演会を開かれるので、何度か聞きに行ったことがありますが、いつも「わたしたちは米軍の銃撃に会ったことはあるが、アフガニスタン人から危害を加えられたことはない」という話がでています。現地で活動している人はもっともっとショックを受けておられでしょうね。
 ほんとにタリバンの行為なのだろうか・・・・特にタリバンを好意的にみているわけではないのですが・・・・ペシャワール会の公式サイトにはまだこの事件のコメントはないようです。

lushlife さんのコメント...

確かに現地で活動している方々にとっては私達以上にショックでしょうね。
志を貫いている真直ぐな心は人に感動を与えます。今回の様な事件はそれ故にショックも大きいのだと思うのです。
きっとこの志は多くの人達の心の中に受け継がれていく事でしょう。
福田総理にも爪の垢を煎じて飲んで欲しい気分です!